心とカラダのブログ

汗かく季節になると、気になる体の臭い。

気温の上昇に伴い、汗をかくことは良いことではありますが、気になるのは汗臭さですね。

汗にも、臭わない汗と臭う汗があるのはご存知でしょうか?

ほぼ全身から出る汗は、エクリン腺から出る汗で、体温調節などを担っています。

いっぽう臭う汗は、アポクリン腺から出る汗で、外耳道(耳の穴入口から鼓膜まで)・脇・乳輪・陰部などから分泌されています。

アポクリン腺から出る汗には、アンモニア・脂肪・鉄分などが含まれており、それらの物質と皮膚にある常在菌によって「臭い」になるということです。

また、日本人は諸外国の皆様方に比べると、体臭は少ないと言われていますが、それでも当人にとっては気になるものです。

  • 隣の人に臭いって思われてないかしら?
  • ちゃんと洗ったけれど、何か臭うような?

心配ですよね…。

ここをチェックすれば、臭う汗が多いか少ないか分かる

臭う汗は、アポクリン腺から出ます。

アポクリン腺が存在する場所は、外耳道・脇・乳輪・陰部などですね。

脇・乳輪・陰部などは、衣服などで汗を拭き取ってしまうので、汗をかかない時は気づきにくいものですが、外耳道の状態を見れば直ぐ分かります。

綿棒などで耳の穴を掃除をした時に、ねっとりした耳垢が付いていませんか?

ねっとりした耳垢でしたら、アポクリン腺が活発な可能性大です。

無臭にする方法

皮膚を清潔に保つことは勿論、食事にも気をつけたいものです。

肉などの動物性脂肪は、アポクリン腺の働きを活発にさせてしまいます。

肉を魚に変えるなど工夫が必要です。

ストレスを減らす

アポクリン腺から出る汗は、アドレナリンという神経伝達物質によって支配されています。

アドレナリンは、交感神経が興奮した状態「闘争か逃走」を促すホルモンと言われており

簡単に言いますと

生命の維持のために、戦うか逃げるかを即時に行動に移すホルモンです。

その状態の時は、過剰なストレスがかかった状態ですから、臭いを断ち切るためにもストレスは大敵です。

汗を抑え、雑菌の繁殖を抑える食品!?

食べ物やストレスに注意しても、なかなか結果が出るまでには時間がかかります。

でも、臭いは待ってはくれません・・・。

早く解決したい方に朗報?です。

まず、アポクリン腺から出る汗のpH(ペーハー)は、6.7~6.9で中性です。

タンパク質を含むために、皮膚常在菌などの雑菌の影響を受けて、臭いを放ちます。

汗を抑えて、なおかつ雑菌が繁殖しないpHにするものと言えば、食品添加物として使われる「ミョウバン」が最適です。

ミョウバンは安価ですしね^^;

ミョウバンに含まれるアルミニウム塩が、汗腺を抑えてくれます。(理由は諸説あり)

そして、ミョウバンが水に溶けると酸性になります。

デオトラントスプレーの作り方

ミョウバンは、粉タイプと粒(顆粒状)タイプがあります。

粒タイプの方が扱いやすいので、粒の購入をオススメします。

材料

  • 焼ミョウバン・・・16グラム
  • 水道水・・・500ml
  • ペットボトル・・・1本

レシピ

  1. キレイに洗ったペットボトルに、ミョウバン16グラムを入れます。
  2. 水を注ぎ、よく振り混ぜます。
  3. 暫く経つと、下に沈殿しますので、再度振ります。
  4. 1晩置くと、白濁した水が透明になり出来上がり♪

アレンジ編

ミョウバンは、ほぼ無臭です。

ミョウバン水に、香りを足して気分も上々

嫌な汗を撃退出来るかも

作ったミョウバン水に、緊張やストレスをやわらげるラベンダーと、殺菌効果があるティートリーをブレンドします。

レシピ

  • ミョウバン水・・・50CC
  • ラベンダー精油・・・5滴
  • ティトリー精油・・・5滴
  • 無水エタノール・・・5ml
  1. 無水エタノールに、精油を各5滴垂らします。
  2. 1とミョウバン水を混ぜ合せます。
  3. 出来上がり♪

上級編

 

 

 

ミョウバン水を肌につけた後、肌を乾かさないとなりません。

また、汗をかいたら小まめにスプレーをしなければなりませんので、ちょっと面倒ですよね

そこで

  • 肌に馴染みが良いクリーム状であること。
  • 塗った後もサラッとしていること。

それらを兼ね揃えたレシピを、ご紹介いたします。

<レシピ>

用意するもの

  • ミョウバン水・・・50CC
  • アロエベラジェル・・・小さじ1
  • ホホバオイル・・・5CC
  • 精油(ラベンダー、ティートリー)・・・各5滴
  • 蓋付きの容器(50グラム入るもの)

<作り方>

  1. ホホバオイル5CCに、精油を各5滴入れます。
  2. アロエベラジェル小さじ1と、1を入れて良くかき混ぜます。
  3. 2にミョウバン水を、少量ずつ入れてかき混ぜます。(1度に入れると分離します。)
  4. 出来上がり♪

注意事項

保存期間は、ミョウバン水は冷暗所で、1ヶ月以内に使い切ってください。

アレンジ編・上級編で作成したものは、1週間以内に使い切ってください。

ミョウバン水は、肌表面が乾燥しますので、お肌が弱い方はパッチテストを必ず行ってください。

お肌に変化(灼熱感など)が起きた場合は、水で洗い流してください。

 

作成してみて、良いものが出来ましたら、こちらで更新したいと思います。

気が向いた時にでも、ご覧になってくださいね。

 

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP