心とカラダのブログ

ナルデ(スパイクナード)

オミナエシ科の植物で、原産国はインド・ネパールです。

精油は、根から採取されます。

ヒマラヤ産の精油ということで、昨今人気が出て来ましたが、ナルデ(または、ナルド)は聖書にも登場する精油で、古くから親しまれています。

「マリアは非常に高価な、ナルデの香油をイエスの足に塗り、マリアは髪の毛でイエスの足を拭った」(ヨハネ福音書12章3節)

 

別名、甘松香(かんしょうこう)とも呼ばれています。

また、甘松、インディアンバレリアンルート、バレリアン、ジャタマンシなど、産地によって呼び名が違います。

漢方薬として

根には、ヤタマンシンが含まれており、胃腸の症状を改善する働きがあり、漢方薬としても処方されています。

胃痛、食欲不振、腹部膨満感などの症状に、使用されているようです。

主な成分

  • 酢酸ボルニル
  • 吉草酸テルピネル
  • イソ吉草酸ボルニル
  • ボルネオール
  • パチョリアルコール
  • オイゲノール
  • ピネン

作用

  • 抗炎症・鎮静作用(酢酸ボルニル)
  • 抗感染・去痰作用(ボルネオール)
  • 鎮静・血行促進・収れん(パチョリアルコール)
  • 消炎・消化機能促進・抗酸化作用(オイゲノール)
  • 殺菌・抗菌など(ピネン)

精油の働き

緊張した気持ちを鎮め、ゆったりとした気分にさせてくれる精油なので、ストレスから来る肩こりや頭痛を緩和します。

固くなった筋肉を、緩めてくれます。

また、神経が興奮し不眠に悩まされている方にも、有効な精油です。

香り

香りは、パチュリや白檀に似た、濃厚な甘い香りなので、フレグランスとしても使用できます。

ベースノートなので、甘さを持続させたい時に、使用するのも良いですね。

残り香が、朴(ほお)の花の香りを、更に甘くした感じです。

 

科名 オミナエシ科
学名 Nardostachys jatamansi
産地 インド・ネパール
採油方法 根・水蒸気蒸留法
揮発速度 ベースノート

妊娠中の使用は、避けてください。

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP