心とカラダのブログ

サラサラ肌をキープするナチュラルパウダー

今年の梅雨開けは、観測史上初の6月開けとなりました。

まだ、心も体も準備が出来てないのに夏到来です

夏といえば、滴り落ちる汗!

体温を調節するために、汗が出るのは仕方がないことではありますが・・・

汗をかいた後の、ベタつく肌や時間の経過と共に、臭ってくる汗のニオイは気になるものですよね。

そこで、サラサラ肌をキープして、ほのかに香るパウダーをご紹介します。

サラサラ肌パウダーの素

まず基材となる「お粉」は、コンスターチカオリンです。

コーンスターチ

トウモロコシの種子の中に、発芽する際に養分となる胚乳があります。

胚乳には、炭水化物(でん粉)・タンパク質・脂質・ミネラルなどが含まれています。

その胚乳から、でん粉を取り出したものがコーンスターチです。

コンスターチは、身近で売られているもので「食用」「化粧用」というものがあります。

食用のコンスターチが若干安いのですが、ここでは化粧用をオススメします。

コンスターチの優れたところ

水分を吸収して、お肌の表面をサラサラにしてくれます。

また、つけた瞬間は水分を吸い取るので、お肌のツッパリ感がありますが、じきに馴染んできます。

カオリン

名前からして可愛いです。

名前の由来は、粘土の産地である中国の高嶺から命名されています。

鉱物名は、カオリナイトといいます。

高嶺…私が真っ先に連想するのは、「高嶺の花(たかねのはな)」ですが

中国語では、高嶺をGaolingと発音するとか

脱線してしまいましたが、カオリンはクレイ(粘土)パックとしても利用されています。

カオリンがパックとして使用されているのは、粒子が細かくお肌のつきが良いからです。

また、多気孔(たくさんの隙間がある)で吸水力もあるため、お肌の皮脂や汚れを吸着してくれます。

レシピ

基材となる粉の紹介の次に、パウダーの作り方をご紹介します。

用意するものは

  • コーンスターチ・・・大さじ4
  • カオリン・・・大さじ1
  • 精油・・・10滴

 

 

 

 

1、コンスターチとカオリンを混ぜ合わせます。

2、1に精油10滴を入れます。

3、よく混ぜ合わせたら出来上がり

注意点

簡単に出来ますが、注意点があります。

粉に精油を加えると、ダマになりやすく扱い辛くなります。

すり鉢で擦り潰すか、ふるいにかけて「ダマ」が直接肌に触れないよう注意してください。

用途に合わせたレシピ

香りの好みや、お肌の状態により使う精油が変わります。

オススメのブレンドをご紹介します。

ストレスから来る過食&肌荒れ湿疹になりやすい方

  • パチュリ・・・1滴または2滴
  • ネロリ・・・5滴
  • ジャスミン・・・3滴

甘めの香りです。

パチュリは、香りが強いので2滴以上入れないように注意してください。

お肌を清潔に保ちたい方

  • ティートリー・・・4滴
  • ローズマリー・・・2滴
  • ラベンダー・・・4滴

スッキリとした香りです。

ベタつく肌の方

  • サイプレス・・・5滴
  • ジュニパーベリー・・・3滴
  • ゼラニウム・・・2滴

森の中にいるような香りです。

番外編ーYシャツの襟の汚れが気にならないパウダー

お肌を、サラサラに保つパウダーは、Yシャツに付く汚れの首輪を防いでくれます。

コーンスターチとカオリンを、上記の通り混ぜ合わせて、その粉を新しく着る前のYシャツの襟につけます。

汚れの首輪が、ゴシゴシ洗わなくても落ちやすくなります。

香りも楽しみたい方は、精油が無色のものでお試しください。

  • ジュニパーベリー
  • ティートリー
  • ラバンジン
  • ヒソップ
  • シダーウッド
  • コリアンダー

などが、無色です。

濃い色の精油では、シミになることがありますので使わないでくださいね。

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP