心とカラダのブログ

バニラ

 

バニラは、常緑つる性の植物で、熱帯地方に自生します。

花は、1日しか保たず、早朝に咲き夜には萎みます。

その短い時間に、受粉をしなければ実を結ぶことはありません。

受粉が出来ると、半年以上かけて20センチから30センチの細長い実が出来ます。

実の形が鞘(さや)に似ていることから、バニラ豆とも呼ばれています。

香り

摘み取ったばかりの鞘には、香りがありませんが、熱処理を行い発酵・乾燥を繰り返すごとに、特有の香りが出てきます。

バニラと言えば、ソフトクリームのバニラを想像される方も多いと思いますが、馴染み深い香りの1つです。

主な成分

  • バニリン
  • P-ヒドロキシベンズアルデヒド

作用

  • 抗酸化作用(バニリン)
  • 新生物抑制作用(P-ヒドロキシベンズアルデヒド)

甘い香りが、気持ちを明るくしてくれて、傷ついた心を癒してくれます。

皮膚への刺激が強いので、濃度には注意してください。芳香浴をオススメします。

科名 ラン科
学名 Vanilla planifolia
産地 マダガスカル
採油方法 溶剤抽出法
揮発速度 ベースノート

関連記事

  1. 桜・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP