心とカラダのブログ

【5月末まで】貴重な龍涎香を使った香油(こうゆ)作り

香油イベント

5月1日から、心花では2周年記念イベントを開催しています。

龍涎香(りゅうせんこう)と8種類の精油をブレンドし、クレオパトラが使っていた香油を再現しました。
龍涎香とは

クレオパトラの時代は、まだ香水という文化はなく、香料やハーブを練り合わせ、オイルに漬け込んだ香油を使用していました。

また、香油はアルコールを使用していないので、現在流通している香水のように拡散せず、ふんわりと香ることが特徴です。

龍涎香の香り

龍涎香自体の香りは、動物的な香りですが、時間の経過と共にロマンテックな香りへと変化します。

商業捕鯨が行われてない現在は、手に入りにくく、人工的に作られた香料で香水が作られています。

心花のイベントで使用する龍涎香は、自然のものを使用しておりますので、本物の香りがどんな香りか嗅ぐだけでも価値はあります。

最初のお客様

親子でご参加でした。

日頃から精油を生活に取り入れ、香りを楽しまれていらっしゃるNさん。

お子さんとも香りがある生活を、楽しんでいるようです。

 

龍涎香は、動物の香りですので単体での香りは、お子さんにはキツイかもしれません。

精油と香りが馴染む頃、好きになってくれたら良いな~と思います。

Nさんも、私と同じで、線香⇒お香⇒精油が好きになったそうです。

香りがある生活は、潤いをもたらし、楽しみが増えますね。

また、心花では、店先で売られていないレアな精油たちも、試香が出来ますよ。

 

龍涎香を使用した香油作りは、あと8名様で終了します。

5月以降は、龍涎香の講座は開催しませんので、この機会に如何でしょうか?

 

関連記事

  1. 肩こり・若い女性イメージ
  2. facebook icon

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP