心とカラダのブログ

キンモクセイ

中国原産で30種類ほど、種類があります。

中国では、遠くまで香りが広がることから、九里花とも言われているそうです。

 

日本での開花時期は10月下旬ころで、その時期に道を歩いていると、何処からかキンモクセイの香りがして来ます。

私が、子どもの頃、金木犀の香りを身にまといたくって、よくティッシュに包んで持ち帰りました。

でも、家に着く頃は、香りは飛んでしまいガッカリした経験が、何度もあります。

高校生の頃は、ポプリをつくろうと、校庭にある金木犀を拝借して、試してみましたが上手くは行きませんでした。

 

今、考えてみれば当たり前のことで、金木犀は摘み取った瞬間に香りが薄れてしまいます。

その、今しかない!香りの成分を、採取するのは、溶剤抽出法となります。

 

金木犀の香りは、ダイエット効果があると言われています。

その証拠に、庭先に咲いている金木犀の香りを嗅いで、お腹が空いたな~とはなりませんよね?

ダイエット中などで、過食を防ぎたい時や、イライラしている時に香らせて、食欲のコントロールをするのも良いですよ。

我慢というストレスは、大敵ですから

 

科名 モクセイ科
学名 Osmanthus
産地 中国
採油方法 溶剤抽出
揮発速度 ミドルノート

関連記事

  1. 頭をかきむしる若い女性
  2. 桜・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP