心とカラダのブログ

皮膚(表皮)

皮膚(ひふ)とは、身体において最大の臓器と呼ばれています。

皮膚が臓器?

 

皮膚の総面積は、成人で1.6平方メートル、重さは約3㎏あると言われています。

自分の体重に、3Kg取ると私の体重は…なんて考えた方、手を挙げてください

素晴らしい想像力です

 

その皮膚ですが、私たちが生きていく上で、大変重要なものとなります。

例えば、お友達から「ねぇ~」と背中を叩かれた時に、もし皮膚がなかったら、いきなり心臓を握られてしまうかもしれません

または、日焼け…怖いですね。肌が黒くなるのも最近では、危険と言われているのに、いきなり内臓が焦げてしまう

汗も掻けないし、体温調節も出来なくなるし生きていけな~い

 

 

さて本日は、皮膚の一番上に乗っかっている?表皮について書いていきますね。

表皮は、角質層(かくしつそう)、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層(きていそう)の4層から出来ています。

手のひらと、足の裏のみ淡明層(たんめいそう)と言われる、透明層が角質層の下にあります。

 

角質層はケラチンを主成分として、細胞間脂質によって構成されています。

顆粒層は、細胞核の変性が始まり、扁平な円盤形となります。

有棘層は、表皮の中で最も厚く、分裂した細胞が棘のようになり、細胞同士が繋がっています。また組織液が流れていて、知覚神経も分布しています。

基底層は、メラニンを作る細胞(メラノサイト)と、角化細胞(ケラチノサイト)からなり、角化細胞は分裂しながら角質層に向かいます。

 

垢といわれるものは、基底層から角質層まで約28日をかけ、押し上げられ最終的には剥がれ落ちる皮膚のことです。

その一連の事を、よく耳にするターンオーバー(表皮の細胞が入れ換わること)と言います。

 

表皮の厚さですが、ご存じですか?

およそ0.06~0.2mmと言われています。

薄いですね

官製ハガキの厚さが、0.22mmですから、想像付きますね。

 

この表皮も、水分が簡単に蒸発してしまうと、バリバリになってしまいますが、それを防いでくれるのが、皮脂やNMF(天然保湿因子)や細胞間脂質になります。

 

皮脂と聞くと、鼻のテカリを想像しますね。

その皮脂の主成分が、ワックスエステル・トリグリセライド・スクワレン・脂肪酸などで、何とも舌を噛みそうな名前ですが、保護膜を作り乾燥などを防いでくれます。

 

NMFは、水分を保持してくれる物質で、主な成分はアミノ酸・乳酸・尿素・クエン酸塩です。

 

細胞間脂質は、CMなどでよく聞くセラミドが主成分です。

これらのお陰で、お肌の水分量(約20%)が保たれ、プルプルお肌となります。

 

言い換えれば、皮脂やNMF、細胞間脂質のバランスが崩れると、皮膚は乾燥し肌荒れとなります。

お顔だけではなく、身体も保湿は大事ですね。

次回は表皮の下、真皮について書きたいと思います。

関連記事

  1. しなやかな筋肉・バレエ・イメージ
  2. モンモリナイト&カオリン

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP