心とカラダのブログ

膀胱炎になる前にアロマ

夏のカンカン照りな季節になると、思い出すのはあの辛かった膀胱炎…。

水分を摂ってはいても、汗で出て行ってしまう~

トイレも気付けば、何時間前に行ったかしら?

そんな事を繰り返しているうちに、やって来ました!気分悪い症状が…。

残尿感がある~ような

なんか痛いような、ヒリヒリするような。

なんとなく変!

 

 

 

ここから先は、自己責任の元で試して下さいね。

もう一度言いますが、自己責任で!ですよ。

 

洗面器に湯を張り、ティートリーの精油を1滴垂らします。

そして、よーーーーく掻き混ぜます。

精油は水には溶けないので、気になる方や肌が弱い方はベースオイル(ホホバオイル・オリーブオイル等)に、精油を1滴入れ掻き混ぜたのちに、湯と混ぜ合わせます。

その後、何をするかと言いますと、そうです!

洗面器に腰を入れます。

その姿を、誰にも見られないように、こっそりやらないと孫子の代まで笑われますので気を付けて(^^ゞ

 

湯が冷めるまで、ゆっくりと腰湯をします。

私は、ティートリーで病気を未然に防げました。

しかし注意して下さいね。

 

トイレの度に、残尿感がある。

ヒリヒリ感や痛みが強い。

血尿が出てしまった。

それはもう立派な病気ですので、お医者様に診て貰って下さい。

精油の力を借りれられるのは、病気になる1歩前の段階です。

夏がくれば~思い出す~

ティートリーでした。

関連記事

  1. エコ・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP