心とカラダのブログ

フェヌグリーク

フェヌグリークは、芳香がある種子をもつマメ亜科の1年草です。

地中海原産の植物で、日本に持ち込まれたのは1700年代前半です。

日本語名では、胡廬巴(ころは)と呼んでいます。

種子は、カレー粉として使われたり、メープルシロップの代替品としても使われています。

主要成分

  • タンパク質
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • 4-ヒドロキシイソロイシン(4-HIL)
  • ステロイドサポニン
  • フラボノイド

薬効成分

鎮痛作用や抗炎症作用があり、胃腸の粘膜を保護する働きがあるので、ヨーロッパでは古くから使用されていました。

また、子宮の機能を高めるので、女性特有の不調緩和に良いと言われています。

2011年動物実験によって、肥満抑制やメタボに有効であることが分かりました。

4-ヒドロキシイソロイシンは、高血糖状態でもインシュリンを分泌を促進させるので、メタボを気にしている方には魅力的なハーブですね。

妊娠中の方には使用できません。

科名 マメ亜科
学名 Trigonella foenum-graecum
使用する部分 種子
主要成分 ビタミン類・ミネラル・アルカロイド・ステロイドサポニン・フラボノイド・4-ヒドロキシイソロイシン

 

関連記事

  1. facebook icon

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP