心とカラダのブログ

フィーバーフュー(マトリカリア)

フィーバーフューは、ヨーロッパに自生する多年草の植物です。

葉には、苦味成分が含まれており、妊娠中・授乳中・乳幼児への使用は、避けたほうが良いです。

フィーバーフューは、ヒスタミンを抑える働きがあるので、花粉症などのアレルギー緩和に良いようです。

名前の由来は、解熱効果に優れていることから、ラテン語のfevrifuga「熱を下げる」から来ています。

歴史

イギリスでは、16世紀頃から薬草として栽培され、日本には明治時代に入って来ました。

当時の日本では、マトリカリアまたはナツシロギクと呼ばれていました。

効果

フィーバーフューに含まれているパルテノリドは、抗炎症・鎮痛作用があり吐き気を伴う頭痛や、生理痛などに効果があるようです。

また強い芳香成分が含まれるために、濃度や量を注意しながら、飲用することをオススメします。

 

学名 Tanacetum parthenium
Chrysanthemum parthenium
科名 キク科
主な成分 パルテノリド・タネチン・タンニン
ティーに使用する部分 花・茎・葉

関連記事

  1. しなやかな筋肉・バレエ・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP