心とカラダのブログ

目で分かるアナタの健康状態

 

目(白目)が美しい人は、内臓も元気!

反対に、目の不調や、白目が充血していたり、色が付いている場合は、内臓が不調と言えます。

その理由は、目の内側には、網膜という膜があります。

網膜は、腎臓・神経組織についで、毛細血管が多い場所です。

そして、毛細血管の中は血液が流れています。

血液は、肝臓で解毒・分解されて、身体に必要な成分に加工されています。

当然、肝臓が機能不良になれば、解毒・分解も滞り血液の質も悪くなります。

血液の質が悪くなれば、毛細血管が多い目に現れてきます。

目は、血液の状態が外から見える器官ですので、目を見れば内臓の状態が分かるのです。

肝臓の働き

血液の流れが滞ったり、血液に栄養が不足すると、目に充分な栄養が行き渡らなくなります。
そうすると、目が充血したり、黄色くなったり、ドライアイになったりと、目に異変が起きます。

そうならないためには、栄養や酸素を周辺組織に与え、老廃物を運び出さないといけません。

肝臓は

  1. 食べ物から得た栄養素を、体内で使える形にし蓄えます。
    栄養素が足りなくなると、肝臓から供給します。
  2. 血液中にある老廃物を、分解・解毒します。
  3. 肝臓で胆汁を生成し、胆管を通り胆のうで濃縮されます。
    濃縮された胆汁は、十二指腸に流れて、脂肪を乳化し小腸で、脂肪を吸収しやすくします。

などの働きがあります。

目を見れば分かる体の状態

目を見れば、ある程度体の状態が分ります。
ここでは、3つ紹介します。
目が黄色くなる、目が赤くなる(充血する)、ドライアイです。

白目が黄色くなる

yerrow肝臓が傷ついたり、胆管が詰まることで、血液中のビリルビン濃度が高くなり、黄疸といわれる状態になります。

 

 

 

白目が赤くなる

red臓器の働きを、コントロールしているのは自律神経です。
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、必要に応じて双方の神経が優位に立ち調節しています。

しかし、ストレスが加わることで、交感神経がたかぶり、内臓に行く血液量が減り、働きが鈍ります。
更に、ストレスによって脳は多くの栄養を(血液)必要とし、血液を蓄えている肝臓が酷使されて、熱を持ちます。

それによって、毛細結果が拡張されて、白目が充血してくることがあります。

目が疲れる

眼痛

夜、私たちが眠っている時に、肝臓は血液を分解し解毒します。

そして栄養豊富な血液にします。

良質な睡眠が摂れないと、直ぐ目の疲れを感じたり、目にモヤがかかったようなカスミ目となります。

ドライアイ

ドライアイ目を守っているのは、涙です。
涙は、水分と油分と粘液で出来ています。
身体の中の水分が不足して来たり、まばたきをする回数が減ることで、涙が減ってきます。

それをドライアイと言います。

涙の元となるものは、血液なので(赤血球・白血球・血小板は、涙腺を通れない)、肝臓をいたわることが最優先かもしれませんね。

肝臓を強化するには

このように、肝臓の機能が弱くなると、その状態が目に表れます。

では、肝臓を強化するにはどうすればいいのでしょうか?

肝臓を強くするためには、食物繊維を多く摂り、大豆製品を摂るようにします。
大豆には、良質なタンパク質が含まれ、肝臓を修復する作用があります。

また、良質な睡眠を摂ることは、内臓を修復する上でも大切です。
アルコールや薬も、肝臓に負担をかけるので、なるべく控えたいものです。

まとめると、肝臓を強くするためには

  • 食物繊維を多く取る
  • 良質なタンパク質が含まれる大豆製品を取る
  • 良質な睡眠
  • アルコールや薬はなるべく控える

ことです。

ご自身の健康を管理する上でも、いつも鏡を見て目をチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP