心とカラダのブログ

ユマニチュード~認知症ケア

ユマニチュードと聞いて、マグニチュードを連想する方は、いらっしゃいますでしょうか?

私が、最初に耳にした時に、想像したのが「マグニチュード」でした。

声を何度か出して「ユマニチュード」「ユマニチュード」「ユマニチュード」やっと言えたのでした。

 

さて、このユマニチュードとは、何ぞや?ですがフランス発祥の介護メソッドです。

  1. 見つめること
  2. 話しかけること
  3. 触れること
  4. 立つこと

があります。
それぞれについて説明すると…

①見つめること

目を合わさず話されても、自分に話しかけられているのか?も分かりませんよね。

見降ろされて話されても、威圧感を感じるだけで、対等な立場とは感じませんよね。

目線を合わせ、笑顔で会話されたら、嬉しいですよね。

②話しかけること

命令口調では、怖いですよね。

大きな声で言われたら、怒られてると勘違いしちゃいますよね。

穏やかな声で、優しく声を掛けられたら、たくさん会話をしたいですよね。

③触れること

つかまれたら、怖いですよね

叩かれたら、もっと怖いですよね。

優しく触れられたら…包み込むように支えられたら、安心しますよね。

④立つこと

自分の足で立って、歩くことは、色々な筋肉を使いバランスを取るので、筋力保持が出来るし、視界も広がるの で多く情報量が得れます。

 

私は、高齢者施設での仕事もさせていただいてますが、不穏になられてる方を度々お見受けいたします。

でも、肩や手に優しく触れながら、お話をしますと穏やかになられ、笑顔を見せてくださいます。

また、先入観を捨てて、その方の「思い」を引き出すことで、解決への糸口が見つかることもあります。

ユマニチュードが分からない?

ユマニチュードのメソッドが、何のことだか分からないかもしれませんが、簡単に言うと相手の立場にたって考えること、と言いかえることが出来るのではないでしょうか。

この世に生を受けた時から、時間は止まることなく、幼児→思春期→成人と成長します。

若い頃は、自分が高齢者となることも、病に倒れることも、身近なことだとは、なかなか考えられませんよね?

こんな高齢者がいたら、あなたは、どう対応しますか?

  • 買い物をするのに、レジは長蛇の列。よく見れば高齢な方が小銭を上手くつかめずにいる。
  • 信号は青から黄色になるのに、横断歩道を今から渡ろうとしている。
  • 耳が遠く、何度も聞き返されたり、質問とは違う返事を返された。
  • 何度も同じ話をする。
  • 話が長い。

また、あなたが下記の状態だとしたら

  • 一所懸命小銭をつかもうとしているのに、指がかじかんで上手くつかめない。
  • 足を怪我して速く歩けないのに、すぐ変わる信号機。途中で赤信号になってしまった。
  • 小さい声で話すから、何を話してるのだか分からない。
  • 色んな人に話をしてしまい、誰に話したか分からず、また話をしてしまった。
  • 前後関係が分からないと思い、事細かに相手に話をした。

どのように周囲の人が対応をしてくれたら、嬉しいでしょうか?

怒りのスイッチが、いつ入るか分からないIさん。

とある施設に通所されている、Iさんのお話です。

80歳を過ぎた頃から、認知症が進み、ご家族は大変悩んだそうです。

機嫌が良かったと思えば、突然怒り出し、物を叩いて回ったり、夜中であっても大声で怒鳴ったりしたそうです。

施設にいらっしゃった時でも、突然火のついたように怒ったり、突然笑顔になって思い出話をしたり、対応に苦労しました。

時間をかけて話を伺っていきますと、そのIさんは今の記憶の中で生きているのではなく、若い時代(大正初期)を生きているように感じました。

昭和後半生まれの私は、Iさんの思い出が沢山詰まった時代(大正初期)を、共有することは出来ませんが、Iさんの思いに寄り添い、今を生きることは出来ます。

そこで、私も大正時代にタイムスリップしたつもりで、Iさんの若かった頃の思い出話を聞いたら、穏やかな表情になり、色んな話をしてくれました。
私のことを、明治生まれの年上の先輩と思っていたようですが

笑顔で過ごせる時間が、少しでも多くなれるよう色んな人達が、サポートすることが出来たら良いですね。

 

アロマサロン心花では、5名様以上から施設への出張も承っております。

アロマの香りに包まれながら、気分転換が出来たり、また昔の記憶を思い出し、心が穏やかになったりと、十人十色変化がございます。

お問い合わせフォームから、ご連絡いただければ、折り返し詳細をお送りいたします。

こちらから→ お問い合わせ 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP