心とカラダのブログ

幸せか不幸かは、解釈の違い。

今ある私たちは、過去の私たちが作り上げて来たもの。

または、選んできたこと。

物事には、常に良い面と悪い面が存在し、そのどちらかを選んで生きてきました。

 

何を言ってるの

 

なんて思われましたか?

 

例えば、美味しそうなケーキを見た時、食べたら幸せ気分になります。

フルーツの香りや生クリームの香り、良いですよね~

でも我慢を選ぶ人もいれば、明日からダイエット食べてしまう人もいます。

これが積み重なっていくうちに、前者はナイスバディ~を維持し、後者は・・・かもしれません←これ私

 

まとめますと、食べるか食べないかを、過去の私が選び、今の私の体型がある

 

 

また、例えば、職場で働く同僚に、目の敵にされ「毎日が忍耐だ!」と思っていたとします。

ストレスが上手く発散出来れば、忍耐だ!で済むかもしれませんが、何か目標がない限り、そうは続きませんよね。

来る日も、来る日も、事ある事に嫌味を言われたりしたら…

 

しかし、ここで深呼吸してください。

息を吸って~吐いて~

もう一度吸って~吐いて~

 

その同僚に対して、あなたはどう考えますか?

「むかつく~!!」

「可哀そうな人ね」

「眼中になし!」

「私のこと、気にかけてくれるのね」

「こうなったのは、私のせいかもしれない」

「もうやめたい・・・」

「・・・・」

どれを選ぶかで、あなたの将来が変わります

 

同僚が嫌がらせをしようが、影で悪口を言われようが

あなたが、嫌がらせだと感じなければ、また悪口を言われていると知らなければ問題ないですよね?

 

勘の良いあなたは、もう気付きましたね

そうなんです!

他者の言動なんかは問題ないのです。

あなたが、どう解釈するのか?で変わるんです。

 

さあ、初めてみてください。

私は、日本に生まれて幸せだ。

私は、今の時代に生まれて来れて幸せだ。

私は、家があって幸せだ。

私は…

幸せです!

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. モンモリナイト&カオリン

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP