心とカラダのブログ

アロマ・イメージ

ムフフ

一度聞いたら、忘れられない精油の1つでしょう。

香りを嗅いだ瞬間は、土を連想させるような香りです。

名前と共に、個性的な香りで、産地であるタンザニアでは媚薬の1つとして、用いられているそうです。

芳香浴としてのみ使用出来る精油ですが、ムフフ単独で香らせるよりも、イランイランなどオリエンタル調の花の香りと、ブレンドをして香らせる方が良いかと思います。

また、ブレンドをする際も濃度には、気をつけてください。

まずは、1滴から試してくださいね。

 

ムフフは、キク科に属します。

 

キク科は、世界では2万種もある植物です。

日本国内でも、360種あります。

キク科の植物は、草本(そうほん)と、木本(もくほん)という形状の特徴があります。

  • 草本とは、形成層というものがなく、やわらかい。1年または数年で枯れるもの。
  • 木本とは、樹皮の内側に形成層があり、年々幹が育ちます。年輪が出来る。

キク科と聞いて、草花を想像される方が多いと思いますが、ムフフは「木」です。

 

科名 キク科
学名 Bracyleana huillensis
産地 タンザニア
採油方法 木部・水蒸気蒸留法
揮発速度 ベースノート

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP