心とカラダのブログ

フランジュパニ(プルメリア)

写真 (3)

プルメリアの花は、ハワイではレイの材料として、インドネシアやインドでは儀式などに生花を使用されています。

香料として使用され始めたのは、16世紀イタリアのフランギパニ公爵からと言われています。

プルメリアの精油が、「フランジュパニ」と呼ばれるのは、香料の香りがフランジュパニに似ている為とされています。

 

和名は、インドソケイ。

花色は、赤・白・黄色・ピンク色があります。

精油は、花から採取され、エキゾチックで華やかな甘さがある香りです。

 

科名 キョウチクトウ科
学名 Plumeria acutifolia
産地 コロモ諸島・インド・インドネシア
採油方法 花・溶剤抽出法
揮発速度 ミドル~ベースノート

関連記事

  1. アロマ・イメージ
  2. 頭をかきむしる若い女性

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP