心とカラダのブログ

セントジョーンズワート

高さが1メートル程成長する多年草です。

夏から秋にかけて黄色い小さな花が咲きます。

和名では、セイヨウオトギリソウといいます。

 

昔の人たちは、痛み止めや傷の万能薬として、使っていたようです。

また、不眠時にも効果があると言われています。

 

精油は、オレンジ色をしています。

香り

ハーブのような落ち着いた香り。

主な成分

  • ハイパフォリン
  • ヒペリシン

作用

  • 抗うつ作用(ハイパフォリン)
  • セレトニンを増やす(ヒペリシン)

 

 

科名 オトギリソウ科
学名 Hypericum perforatum
産地 フランス・イギリス・中央アジア
採油方法 花と葉・水蒸気蒸留法
揮発速度 ミドルノート

強心・気管支拡張、血液凝固防止・他の抗うつ・エイズ治療・高脂血治療・抗てんかん薬などの薬を飲んでいる方は、薬物の効果が増強または半減される為に、使用する際は医師に相談してください。

関連記事

  1. 頭をかきむしる若い女性

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP