心とカラダのブログ

バレリアン

オミナエシ科の植物で、和名はカノコソウまたは西洋カノコソウと呼ばれています。

バレリアンの語源は、ラテン語の「幸福」から来ており、ギリシャ時代から薬用として使用されて来たそうです。

また、中世ヨーロッパでは「オールヒール」(全て治る)と言われていたそうです。

 

ドイツ・ベルギー・フランスでは医療ハーブとして認められており、漢方ではバレリアンの根を「吉草根」として利用されています。

花は、ピンク色で6月から9月にかけて開花します。

 

湿度の高いところに生えている樹のような香りです。

神経性の興奮状態したときに、効果があると言われています。

 

科名 オミナエシ科
学名 Valeriana officinalis
産地 クロアチア
採油方法 根・水蒸気蒸留法
揮発速度 ミドル~ベースノート

関連記事

  1. 桜・イメージ
  2. アロマ・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP