心とカラダのブログ

イランイラン

濃厚な甘い香りを持つ精油で、花のなかの花(マレー語)に由来しています。

蒸留過程で4段階の品質に分けられ、「エクストラ」は一番最初に蒸留した最高品質のものです。

そのエクストラには、エステル類が多く含まれ、最後に抽出される精油は、エステル類は殆ど含まれていません。

*エステル類は、鎮静作用や抗けいれん作用があります。

香りの違い

花の収穫方法、精油の抽出方法により、香りが大きく変化します。

F社の精油は、濃厚な甘い香りですが、L社の精油は甘さが軽くなります。

同じグレードでも、メーカーにより変わりますし、またその年の天候によっても香りが変わるので、色々調べていくと楽しいかもしれませんね。

芳香浴としての利用

  • 緊張状態が続く時
  • 高血圧の方
  • てんかん症の発作前のケア

ハンカチやティシュなどに、1滴もしくは2滴(多過ぎる量は不可)垂らし嗅いでみたり、または枕元に精油を垂らしたハンカチや、ティシュを置くのもOK。

イランイランの甘い香りが苦手な方には、スイートオレンジやマンダリンなど、柑橘系の精油とブレンドすると、甘さが軽くなります。

 

香水の原料としても、使用されています。

科名 バンレイシ科
学名 Cananga odorata
産地 マダガスカル・フィリピン・インドネシア
採油方法 花・水蒸気蒸留法
揮発速度 ミドル~ベースノート

関連記事

  1. アロマ・イメージ
  2. 桜・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP