心とカラダのブログ

エキナセア

秋が近づくと、インフルエンザワクチンのことがニュースに取り上げられます。

今年は、インフルエンザA型を2種、B型を2種の4価ワクチンになったそうで、更にニュースでも力説していました。

ワクチンに対しては、色々な説があり、打つか打たないかは悩むところです。

でも、どちらにしても免疫力を強化していれば、どんな病気にも負けることはないですよね。

ということで、免疫力を賦活化(ふかつか・活力を与える)させるハーブといえば、エキナセア♪

エキナセアについて、ご紹介します。

歴史

北アメリカの先住民(アメリカインディアン)が、400年以上前から

  • 虫刺され後のケア
  • 伝染病のケア
  • 傷のケア
  • 喉の痛みのケア

として、使用してきました。

1800年後半から1900年代にかけて、ヨーロッパに持ち込まれて、研究が盛んに行われて来ました。

また、ドイツでは医薬品として取り扱われているようです。

 

花の特徴

エキナセア

エキナセアのツボミ

花は中輪の大きさ(8cm ~10cm くらい)で、薄い赤紫または白色です。

花びらが成長していくにしたがって、下向きに反り返って来ます。

その姿が、馬簾(ばれん・火消しのまといの下にあるヒラヒラ)に似ていることから、バレンギクとも呼ばれています。

ティーに使用する部分

エキナセアは、9つの種類があります。

そのうちハーブティーとして使われているものは、3種類あります。

  • Echinacea angustifolia(エキナセア・アングスティフォリア)
  • Echinacea pallida(エキナセア・パリダ)
  • Echinacea purpurea(エキナセア・プルプレア)

アングスティフォリアは、全草(花・茎・葉・根)をティーとして使用できます。

パリダとプルプレアは、茎と根がティーとして使用できます。

チンキ剤として

焼酎またはウォッカ100mlにたいして、ドライハーブを10g~15g入れます。

毎日、焼酎&ドライハーブを混ぜ込んだ瓶を、ふりふりしながら熟成を待ちます。

2~3週間経ちましたら出来上がり。

チンキ剤は、風邪やインフルエンザが流行りだしたら、うがい薬として使用します。

主要成分

  • 多糖類(polysaccharide  ポリサッカライド)
  • 配糖体
  • フラボノイド
  • ポリアセチレン
  • ベタイン
  • イヌリン

ポリサッカライドは、血糖値を下げたり、細胞内に入ってくるウィルスに対して、不活性化させる力があると言われています。

キク科の植物なので、アレルギーがある方は要注意です。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 血圧測定/イメージ
  2. 手作り石けん・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP