心とカラダのブログ

グレープフルーツ

グレープフルーツの香りは、体脂肪の燃焼を促進するホルモンの分泌を、促す効果があるといわれています。

それは、グレープフルーツの香りを嗅ぐことで、交感神経が活性化し、ノルアドレナリン(血圧や心拍数を高める)が分泌するからです。

ノルアドレナリンの分泌により、脂肪燃焼調節機構であるUCPに変換されて、脂肪燃焼するということです。

また、リンパを刺激して、体内の老廃物を排出させるため、セルライトにも有効と言われています。

精油が含まれている部分が、果皮の深部にあるので、他の柑橘よりも採油率が低いのが特徴です。

主な成分

  • d-リモネン
  • α-ピネン
  • β-ピネン
  • ヌートカトン
  • フロクマリン

作用

d-リモネン

  • 血流を促す
  • 消化器系蠕動運動を促す
  • 肝臓強壮
  • 腎臓活性化

α-ピネン・βピネン

  • 強壮作用

ヌートカトン

  • 交感神経活性
  • 脂肪燃焼

フロクマリン

  • 紫外線吸収(太陽に当たると色素沈着する)

グレープフルーツと薬の関係

処方薬の薬袋に、「グレープフルーツジュースを摂らないでください」と書いてあるのを、見かけたことがあると思います。

それは、薬と同時に摂取した場合、血中の薬の濃度が上がり、副作用が起きることが分かったからです。

グレープフルーツには、フロクマリンという成分がありますが、そのフロクマリンが解毒を行っている酵素を、阻害しているようです。

高血圧の薬や、心臓の薬を飲まれている方は、グレープフルーツの精油も、使用は控えてくださいね。

科名 ミカン科
学名 Citrus paradisi
産地 アメリカ・イスラエル・ブラジル
採油方法 果皮・圧搾法
揮発速度 トップノート

 

※光毒性があるため、使用後は直射日光を避けてください。

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP