心とカラダのブログ

血圧測定/イメージ

高血圧になる理由と対処法

血圧計

生活習慣病のひとつ高血圧。

若い時は、高くなかったのに、40歳を過ぎた頃から突然高くなったり、または食の多様化から、若い時から高血圧になってしまったという話を聞きます。

高血圧にならないために生活習慣を改善

そこで、高血圧にならない為には

  • 運動をする
  • 減量
  • 塩分を控える
  • アルコールを控える
  • タバコを制限する

など、生活習慣を改善することが、大切だと言われています。

運動が大切な理由

しなやかな筋肉・バレエ・イメージ

運動は、体重をコントロールする上でも大切ですが、身体を動かすことによって、血行を促進し血圧を下げる働きもあります。

それは、筋肉などにコリがあると、血管が圧迫されます。

全身に血液をまわすために、心臓は頑張って血液を送り出そうとします。

血管が筋肉のコリによって、細くなっていれば、圧力がかかった状態…高血圧となります。

(有酸素)運動によって、筋肉を緩めてコリをなくし、血管に負担がかからなくなれば、血圧も安定しますね。

内臓脂肪が多いと血圧があがる

お腹の中にある脂肪組織から、アンジオテンシンという物質が分泌されます。

アンジオテンシンは、血圧を上げる作用があるために、内臓脂肪が多ければ多いほど、血圧もあがります。

皮下脂肪よりも内臓脂肪に注意が必要ですね。

減塩が必要な理由

塩分の摂り過ぎにより、血液中の塩分濃度が高くなります。

しかし、血液の浸透圧を一定に保つ働きがあるので、細胞の中に蓄えられている水分が、血液に移動します。

水分が移動することで、血液の量が一時的に増えます。

増えることで、血管の内側に圧力が加わり、血圧が高くなってしまうのです。

タバコが血圧を上げる理由

tabaco

タバコの中に含まれるニコチンは、腎臓の上にある小さな臓器(副腎)を刺激します。

刺激を受けることで、アルドステロンというホルモンが分泌されます。

アルドステロンは、血圧を上げるホルモンなので高血圧になりやすくなります。

また、タバコを吸うことで、交感神経が刺激されて、高血圧になりやすくなります。

お酒が血圧を上げる理由

アルコールは、血管を収縮する作用があること、交感神経を刺激して心拍を速くする作用があります。

血管が細くなったところに、心臓から沢山血液が送り出されれば、血圧も高くなりますね。

また、1日に30ml飲むことで、血圧が3mmHg上がるという研究結果もあるようです。

生活習慣を変えても、高血圧が改善しないときには

物理的な生活習慣だけでは、なかなか血圧が下がらない場合は、考え方や性格の関わりが強いかもしれませんよ。

緊張したり、イライラしている時を想像してみてください。

  • 鼓動が高まる。
  • 頭に血液が昇る。
  • 背中に力が入る。

鼓動が高まるということは、アルコール⇒交感神経を刺激して、心拍数を上げる。と同じですよね。

怒りから肩や背中に力が入れば、血液の流れが悪くなり、コリが出来るかもしれませんね。

また、完璧主義の方も要注意です。

「こうあるべき」という考えから、思うように事が運べば、問題は生じないでしょうけど、思うようにならなかった場合は、イライラしたり怒りが生まれますよね。

イライラを解消するためには、考え過ぎないことが大切ですが、身体を適度に動かして、程よい疲れを作ると良いですよ。

血圧を下げるハーブティー

harb-tea

ハーブティーは、色々な作用が期待できます。

薬のように即効性はないので、毎日飲み続けることが大切ですが、イライラしそうな時にティータイムを取り、リラックスするのも効果的です。

  • 血管を拡げる効果があるもの
  • 心を落ち着けさせる作用があるもの
  • 緊張を和らげる作用があるもの

それら効能があるハーブティーは

血管を拡げるティー

  • ヤロウ
  • レモンバーム

鎮静(気持ちを落ち着かせる)効果があるティー

  • ラベンダー
  • カモミール

緊張を和らげるティー

  • パッションフラワー
  • リンデン

ティーカップに対して、小さじ1杯が目安です。

考え方の癖から血圧があがる場合

カウンセリング

イライラや怒りをためている時、身体に力が入っています。

頭にきた!!!という時間が長引くと、肩がこっていることに気付いた方もいるのではないでしょうか。

もちろん緊張している時も、同じです。

首や肩に触れると、ゴリゴリしますよね。

筋肉のコリが、血管が圧迫して、更に緊張すれば心拍数も上がり、一時的な高血圧になります。

 

自分が思う通りに、物事が進んだり、周りが動いてくれたのなら、イライラすることはないです。

イライラするのは、自分の思うように行かないから湧く感情ですよね。

自分の怒りがどこから来ているのか

以前、私は長男や次男が受験の時、イライラから肩がコリ始めて、血圧が上昇していた時期がありました。

素直に勉強してくれていたなら、そこそこ笑顔でいれたのでしょうけど、気付けば寝ている&PCをしている。

当然、テストの結果は思わしくない・・・。

私自身で受験をする方が、余程ストレスがたまらないわ♪なんて思ったこともあります。

思うようにならない=苛立ちです。

合格するためには、勉強をしなければならない。

そんな思いが、いつも渦巻いていました。

「~べき」「~ならない」という思い込みに、苦しんでいた過去の私

自分を知り自分を癒やす

では、なぜ「~べき」「~ならない」という言葉に囚われるのか?

成功体験から、答えはそれしかない!と思ってしまったのか?

反対に、劣等感から、開放出来るのはそれしかない!と思ってしまったのか?

そもそも受験をする理由は何?

 

紐解いていくと、見えてくるものがあります。

その「答え」を導き出し、自分はこんなことを考えていたんだ♪を知ることで、あっさり解決することもあります。

  • 自分を知る。
  • 自分を自分で癒やす。
  • 他人のせいにしないで、自分で行動を起こす。

 

上記3つを知ることで、イライラや怒りがたまらなくなり、血圧も正常になるかもしれませんよ。

その方法とは、現世療法であるカラーキューブセラピーです。

色々な方法を試しても、イライラする&肩が凝る&血圧が高い方に、オススメです。

 

関連記事

  1. モンモリナイト&カオリン
  2. アラフォー女性・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP