心とカラダのブログ

温泉に浸かる若い女性/イメージ

老廃物を排出して代謝をUPする方法

温泉に浸かる若い女性/イメージ

冷え性や肩こり、むくみなどお悩みはないですか?

また、代謝が落ちて太りやすくなったり、疲れやすくなったりしてませんか?

ご自宅でも簡単に出来る、代謝UPする方法を、お伝えします。

まず、その前に・・・

なぜ冷え性になるのでしょうか?

冷え性のもと

女性は、男性に比べて筋肉量が少ないです。

筋肉は、熱を作り出す器官でもあります。

それゆえに男性より、女性の方が冷え性が多くなります。

しかし、運動不足やストレス過多、または加齢などにより血管が固くなると、血行が悪くなり冷え性になります。

手足が冷たいから冷え性?

内臓がある場所は、一定の温度を保つ必要があります。

それは、内臓温度が低いと、消化吸収・代謝・排泄がうまく行かなくなるからです。

内臓温度を保つために、暑い時は血管を拡張させて、熱を放出したり汗をかいたりします。

反対に、寒い時は内臓を冷やさないために、末端にある血管を収縮させて、血液を内臓に集めます。

末端にある血管を収縮するので、手足が冷たくなります。

手足が冷たくても、即冷え性にはなりませんが、辛いと感じる時は冷え性になっているかもしれません。

身体を温めるには

血行不良の状態が冷え性ですので、老廃物が滞りやすくなります。

老廃物が滞ることで、肩こりやむくみになりやすくなります。

血行を良くするには、血液をサラサラにする食べ物を摂ることも大切ですが、即、身体を温めるものと言えば、運動と入浴ですよね。

でも、運動も入浴も、その時は温かくなっても、数時間で冷めてしまいます。

夏は、まだ外気温が高いので、冷める感覚はないのですが、冬場は違いますよね?

動いている時、入浴をしている時は、暑いので血管は拡張しています。

でも、外気は低い・・・。

すると、血管が拡張している分、熱が急速に奪われます。

おまけに汗を、そのままにしていたら、汗が蒸発する(気化熱)時に、更に冷えてしまいます。

温めた身体を保温するには

末端の血管が拡張していると、熱が放出するのですから、末端の血管を収縮させればOKです。

冷たいシャワーを浴びる。

もしくは、手足だけ水をかける。

身体の表面が冷やされると、身体の体温調節機能が働き、拡張していた血管が収縮します。

収縮することで、身体の中心に血液が集まります。

中心に血液が集まることで、内臓の温度が保てます。

老廃物を排出して代謝をUPする方法

温かい(42度)お風呂に5分程入ります。

汗が、じわーっと出て来たら、冷水を浴びます。

そして、またお風呂で温まります。

これを1セット、3回~5回繰り返します。(慣れてきたら、5回以上)

血行が良くなることで、老廃物が排出しやすくなり、冷え性による肩こりや、むくみも改善されます。

水で、身体を冷やすことによって、熱を作り出す&保持するので、代謝もUPします。

ちなみに、私は温泉に行った時に、熱いお風呂⇔冷たいお風呂をするのですが、お肌はしっとりするし、肌色のトーンも明るくなります。

そして、便秘気味の時は、即解消する優れもの!

本当は、アロマサロン心花の繁盛を願うなら、教えたくない1つなんですど、自分だけ楽しんでいてもしょうがない・・・。

ということで、シェアーします!

効果があったよ~!!という方からの、報告を待っていまーす。

高血圧・心臓病に持病がある方は、控えてくださいね。

関連記事

  1. ゼラニウム・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP